コンピュータ技術者

一般的には、コンピュータ技術者(コンピュータソフトウェア技術者)には以下のような職種がある。

  • プロジェクトマネージャ (PM)
    プロジェクトの責任者。スケジュールの調整や工数の掌握、対外交渉、その他、マネージメントを主業務とする。日本では、略してPMと呼ばれることが多いが、欧米では、PMをプログラムマネージャと称する企業も多い。
  • システムエンジニア (SE)
    システムを企画立案、設計、運用する。システムが円滑に稼働しその目的を果たすよう最善を尽くすことに責任を負う。という定義が一般的だが、実際 の職務は、顧客の要求のくみ取りと、マネージメント業務が主で、どちらかと言えば、プロジェクトマネージャに近い。技術や知識よりむしろ、コミュニケー ション能力やマネージメント能力が問われる。欧米では、PM(Program Manager)とSoftware Engineerのチームが主で、SEと呼ぶ職種はなく、日本独自の呼び名である。
  • プログラマ
    システムエンジニアの設計に基づき、細部の設計 (詳細設計) やプログラミングを行う。自らの設計・開発したプログラムに関して責任を負う。といのが日本での一般的な定義だが、欧米諸国では、システムエンジニアがす るとされる要求分析や設計も含めて、プログラマと呼ぶのが主である。

おすすめ情報

情報処理技術者

情報処理技術者試験(じょうほうしょりぎじゅつしゃしけん)とは、日本の国家試験である。実際には、試験区分ごとに「基本情報技術者試験」等と呼称されることが多い。

試験区分

情報処理技術者試験の区分(試験区分)及びそれぞれの対象となる知識及び技能は、情報処理技術者試験の区分等を定める省令(平成9年通商産業省令第47号)において定められている。

スキルレベル1
  • ITパスポート試験(エントリ試験)
スキルレベル2
  • 基本情報技術者試験
スキルレベル3
  • 応用情報技術者試験
スキルレベル4(高度情報処理技術者試験)

高度IT人材として確立した専門分野を持ち、主導する者

  • ITストラテジスト試験
  • システムアーキテクト試験
  • プロジェクトマネージャ試験
  • ネットワークスペシャリスト試験・データベーススペシャリスト試験
  • エンベデッドシステムスペシャリスト試験
  • 情報セキュリティスペシャリスト試験
  • ITサービスマネージャ試験
  • システム監査技術者試験
試験の実施時期

試験の機会は、下記のとおり春期・秋期の年2回である。
春期:4月第3日曜日
秋期:10月第3日曜日

お気に入り

九州 木材加工のプロ集団である当社に、木のことだったら"何でも"お気軽に、ご相談下さい!
豊田 注文住宅が承ります。土地探しから、住んだ後のメンテナンスまでおまかせください。
全てのお客様にご満足頂けるよう常に最高の京都 カーカスタムの仕上がりを心がけております。

コンテンツ

おしゃれで素敵なお部屋なら、羽生工務店がたくさんご提案します!堺市 注文住宅のお部屋リフォームは私たちにお任せ!
北九州市小倉 フレンチの【Yukion’toko】(ユキオントコ)では最高級でリーズナブルなフランス料理・イタリア料理をご提供いたしております。