あなたもコレでエンジニア!

音楽業界、航空関係、企業、コンピュータ、あらゆる分野においてのエンジニア(技術者)になるたに有利なの資格をご紹介します。

景気の低迷による就職難の時代、持ってて損はない「資格」。今企業は即戦力となる人材を求めています。

エンジニアとは

エンジニア(英: Engineer)は、技術者の別称であり英称でもある。

音楽分野

音楽業界においては、レコーディング・スタジオなどでレコード/CD/DVDなどの音楽制作物における音響操作系技術者である「レコーディング・エンジニア」や「マスタリング・エンジニア」の事を単に「エンジニア」と呼称及び表記する事がある。他にもライヴ及びコンサート会場や各種ステージなどでの音響操作担当者は「PAエンジニア」、音響機器製作は「オーディオ・エンジニア」、映像制作関連で画像編集などの作業担当者は「VE(ビデオ・エンジニア)」などがあり、その場合もエンジニアとだけ呼称及び表記されている場合がある。

航空関係

航空従事者のうち、航空機の運航に携わる航空機関士は、フライトエンジニア(Flight Engineer,FE)とも呼ばれる。ISSフライトエンジニアなど。

企業

製品等の開発責任技術者をチーフエンジニア、企業に属していない独立したエンジニアをフリーエンジニア、フリーランスエンジニア、その逆をインハウスエンジニア、その他フィールドエンジニア、ファクトリーエンジニア、セールスエンジニアとそれぞれ呼称される。技術コンサルタントとして従事しているのが、コンサルティングエンジニアであり、これをコンサルティング技術者とは、あまり呼称されない。

またバイオテクノロジーの分野に従事する技術者をバイオ・エンジニア、医療分野に従事するメディカルエンジニア、モータースポーツの世界のエンジニアはレースエンジニア、またラリーなどでのトラック・エンジニアがエンジニアと呼称される。建築分野では、構造部門の構造エンジニア、金融業ではフィナンシャルエンジニアと呼ばれるエンジニアが存在する。

コンピュータ

情報処理の分野では、総称してコンピュータエンジニア、コンピュータ技術者、ITエンジニアなどと呼ばれる。

職種によりシステムエンジニア(SE)、組込みエンジニア、ネットワークエンジニア(システムエンジニアの一種) 、ウェブ・エンジニア、データベースエンジニア、カスタマーエンジニアなどもある。なおプログラマも、システムエンジニアと同義と捉えられることがある。その他ナレッジエンジニアについてはエキスパートシステムを参照。

これらの資格試験の名称も、システムエンジニアの能力認定である高度情報処理技術者試験、情報処理技術者試験のように、もとは技術者が使用されていたが、情報処理技術者試験の変遷でわかるとおり、プロダクションエンジニア試験 システム運用管理エンジニア試験 などエンジニアの表記が多くなる。情報セキュリティアドミニストレータ試験でテクニカルエンジニア (情報セキュリティ)が新設、電気通信設備工事担任者は情報通信エンジニア、システムの運用管理責任者を対象としたテクニカルエンジニア(システム管理)試験であるテクニカルエンジニア試験、システムエンジニアを対象としているシステムアーキテクト試験も1994年には「アプリケーションエンジニア」の名称に変更され、1996年に開始されたマイコン応用システムエンジニア試験、ネットワークスペシャリスト試験も2001年の試験区分再編で「テクニカルエンジニア(ネットワーク)」に変更、エンベデッドシステムスペシャリスト試験も2001年に「テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験」に変更する。